ノミ・ダニの被害|ネクスガード(チュアブルタイプ)を使ってノミ・ダニを徹底駆除

ネクスガード(チュアブルタイプ)を使ってノミ・ダニを徹底駆除

ノミ・ダニの被害

瓶からあふれる白い錠剤

最近は昔のように室外で犬を飼うことが少なくなり、完全室内で飼っている人が多くなっています。
しかし、だからといって危険な目に遭わなくなった、というわけではありません。
室外で飼うよりは健康状態を維持しやすくなっていますが、害虫たちは室内でも発生するため、油断はできません。

ノミやダニは室内のカーペットなどにも紛れており、すぐ人間や動物の皮膚上に寄生します。
吸血動物ですので人間や動物から血を吸うのですが、1匹からの吸血であればそこまで心配する必要はないでしょう。
しかし、問題は多数のノミ・ダニから血を吸われた場合です。
ノミもダニも繁殖能力はすさまじく、あっという間にその数を増やしてしまいます。
そんな大量のノミ・ダニから血を吸われてしまうと、サイズの小さな小型犬であれば貧血や栄養失調を引き起こしてしまう可能性があります。
そうでなくても強い痒みや炎症の原因になるでしょう。

愛犬がもし全身痒そうにしていたり、床に体をこすりつけるような仕草をしきりにしていた場合、もしかするとノミやダニがすでに棲みついているのかもしれません。
ブラッシングやシャワーによってノミ・ダニの処理を試みる人もいますが、これらの方法では完璧に駆除することができません。
体毛の奥底に1匹でも残っていれば、そこからまた一気に繁殖してしまうでしょう。
そこで、確実にすべてのノミ・ダニを駆除するためにも、ネクスガードのような害虫駆除薬を投与してあげるのがオススメです。